ページ上へ

手数料0円のゼロスタイル−その実質の換金率に注目!

ショッピング枠現金化の際に最重要視されがちな換金率ですが、その他に手数料というものがあるということを忘れてはいけません。悪質な業者はこの手数料を高く設定することによって不当なマージンを抜こうとしてくるので注意が必要です。

換金率ばかりに目を奪われていませんか?

少しでも換金率の良いファクタリング会社を探す男性

ショッピング枠現金化をご検討中の皆様が一番気になるのは「換金率」かと思います。
換金率が高ければ高いほど、手元に残る現金が多くなるのでどうせ現金化をするのであれば1%でも換金率の高いところを選びたくなるのは当然の心理です。

利用金額 換金率
1万〜15万円未満 88
15万〜30万円未満 90
30万〜50万円未満 92
50万〜80万円未満 94
80万〜100万円未満 95
100万円以上
96.7%

弊社ゼロスタイルも決済する金額に応じた換金率をあらかじめ設定させていただいておりますが、この数字だけを他社と見比べてみると同じ水準の業者も多く、中にはさらに高い換金率に設定しているところもあります。

しかし、だからといってそれで即座に「ゼロスタイルよりも換金率の高い業者を選んだ方が得策」という結論に至らしめるのは早計です。
なぜならば、ショッピング枠現金化の際には定められた換金率で割り出された金額からさらに「手数料」が引かれて最終的な振込み金額が決まるのが一般的だからです。
そしてこの手数料をホームページなどで明記している業者は少なく、利用者の方は実際に利用する段階になって初めて聞かされるというケースが多いようです。悪質な業者の場合、この手数料を20%〜30%といった法外な設定にしていることもあるので注意が必要です。

つまり、仮に換金率が98%であったとしても手数料が20%になっていれば実質換金率は78%、100,000円の決済であれば手元に残るのは78,000円で22,000円ものマージンを抜かれてしまうことになるのです。
実質換金率で比べることがいかに大事かがお解かりいただけたかと思います。

手数料以外にも注意

この他にも、キャッシュバック方式を取っている業者の場合、商品の「配送料」という名目で何%か引いてくることもあります。
ひどいところだと「消費税」として8%引かれる場合も…
そしてこのような不当な手数料を要求してくる業者であれば、当然ホームページなどに明記はされてませんし、問い合わせ時に聞かない限り説明もしてくれません。
様々な名目で手数料を引き上げてくるような悪質な業者には注意が必要です。

ゼロスタイルは手数料が0円!

現金を手にしてホッと一安心の経営者

換金率の他に手数料も考慮した上での「実質換金率」の重要性を説明させていただきましたが、ゼロスタイルは名目が不明な手数料などは一切取っておりません。

もちろんお客様の口座への振込み手数料も弊社負担、配送料や消費税などといったこじつけに近い徴収もありません。
あらかじめ提示させていただいた金額が目減りするようなことはありませんので安心してご利用いただけます。
実質換金率の高さお客様に対する事前の明朗な説明、これらは他社のいずれにも負けずにお客様にご満足いただける自信があります。