ページ上へ

違法性は限りなく0!ショッピング枠現金化の法的解釈

ショッピング枠現金化の法的解釈を、業者を使うと安全になる仕組みから詳しく紹介しています。キャッシュバック方式と買取方式の違いや特徴を理解してもらえると、ゼロスタイルの採用するキャッシュバック方式は違法性が少なくてスピーディーかつ手間いらずで利用できることを理解頂けます。

ショッピング枠現金化の法的解釈

クレジットカード現金化の申込みを行う手

ショッピング枠現金化は利用者側に違法性を問える要素はありません。
ショッピング枠を直接現金に変えると貸金業法に抵触しますが、購入した商品に対して買取かキャッシュバックによって現金を支払うことで、違法性のない取引を実現しています。

ゼロスタイルはキャッシュバック方式のため、実際に商品の発送を行っています。
扱っている商品はPCソフトの入ったCD-ROMや装飾品などであり、発送元やカード決済の内容から、現金化や借金を連想させる内容ではありません。家族に内緒で資金調達したい方にも安心してご利用頂けます。

買取方式とキャッシュバック方式

ここ3~4年ほどでショッピング枠現金化業界の形態は変化しています。
以前は受け取った商品を業者に返送してから現金が振り込まれる通常プランと、カード決済してすぐに現金を振り込む即日プランの2種類を用意する業者が主流でした。
ゼロスタイルでは全てカード決済を確認したら即時振込する即日プランで対応しています。
現在も一部で通常プランを用意する業者はあるものの、即日プランのみで高換金率の対応をするサービスが主流に変わってきています。

一昔前はキャッシュバック方式より買取方式の方が安全性の高いサービスだと評されていましたが、当社の見解では即日プランならキャッシュバック方式の方が安全です。
買取方式の場合は受け取った商品を業者が買取して初めて取引が成立するので、即日プランだと矛盾点が生じてきます。
即日現金化を行う買取方式の業者では、商品の発送先を業者の住所にしたり、カード決済とは別に契約書を交わすことで対応しています。

業者に直接発送するタイプの買取方式は商品を受け取る必要がないですが、カード会社が取引詳細を調査すると現金化目的の疑いが強いと判断されてペナルティを受けるリスクが高くなります。
契約書を交わした場合は、商品を返送するところまで履歴を残さないと正当な取引をして現金を受け取ったことを証明できなくなります。
その他にも、買取方式の場合は法律で身分証明書の提示を義務付けているため、新規利用時はメールやFAXで身分証コピーを送付する手間が発生します。

また、買取方式を行う一部の業者では、換金率100%以上を明記しているところがあります。
せどりの仕組みで、家電やブランド品を安く買って高く売ることで100%以上の換金率を可能にしていますが、実際に利用すると相場変動を理由に実際の換金率が大きく下がるトラブル事例があります。
ゼロスタイルの提供するキャッシュバック方式は安全、スピーディー、手間いらず、高換金率という多くのメリットがあります。

当社の見解では、安全性の高い取引方法は以下の順番になります。

1カード決済→商品発送→商品返送→買取額振込

2商品発送をするキャッシュバック方式による現金化

3即時振込する買取方式(商品の発送不要タイプ)

実際に商品を送って買取する方法でも、Amazonギフト券買取や、商品券・ギフト券を買ってチケットショップで売る行為など、現金に近い特性のものを使った現金化は違法性が高くなります。
PCソフトやデータなど、メールでの商品受け渡しを行うサービスも危険です。
郵送にて商品のやり取りを行うことで、ショッピング枠現金化の違法性と危険性は限りなくゼロに近づけられます。